1. >
  2. >
  3. 健康管理できる猫用トイレ

健康管理できる猫用トイレ

最新テクノロジーで猫の体調を管理

猫の体調の変化がよく現れるのはトイレの状態です。
お腹を壊していたり、脱水症状が出ていたりするとすぐにいつものトイレとは違う様子を見せます。
そのため、愛猫のトイレの状態をチェックするというのは、体調管理のためにとても大事なことなのです。

そのトイレのチェックを自動でしてくれるユニークな商品が販売されています。
大手家電メーカーのシャープが開発した猫用のトイレで、最新テクノロジーが活用されていて、いつでも簡単に愛猫の健康チェックができるのが特徴です。

具体的には、愛猫のトイレの頻度や量、トイレに留まっている時間などを計測して飼い主に自動的に報告してくれる機能が付いています。
これには、家電とインターネットをつなぐIoTの技術やAIが用いられていて、毎日の愛猫の様子をきちんと確認できるようにしてくれます。

きちんとデータ解析をして異常がないかどうかを判断

この猫用トイレは、単にトイレの状況をモニターして飼い主に報告するだけではありません。

トイレに取り付けられたセンサーから尿の状況などをモニターして、それを無線で送信し、鳥取大学が研究して蓄積しているデータと照合します。
この際、AIを用いてデータと愛猫の状況を比較して、何らかの病気のサインが出ていないかを判断することまでしてくれます。

そして、もし体調に異常があることが分かったら、インターネットを介して飼い主のスマホにそのことを伝えるという仕組みが採られています。
いつもと違う様子を、しっかりとしたデータとの比較という手段によって確認できて愛猫の異常を見逃すことがないように助けられます。

毎日忙しい時間を過ごしているとしても、こうした機能を使うことによって、ちゃんと大事なペットの健康を管理することができます。

腎臓病になりやすい猫の管理にぴったり

猫は伝染病、遺伝病を含めていろいろな病気にかかるものです。
しかし、中でも腎臓病を患うリスクが高い傾向にあり、そのためにもしっかりと日ごろの尿の状況をチェックしておくのは肝心なことです。

といっても、毎回トイレに行っている様子を観察するわけにもいきませんし、観察したところであまりいつもとの違いに気づかないこともあります。
そこで、この猫用のトイレを使うことによって、病気のサインが出ていることを学術的なデータとの比較によって知ることができます。

このように、この商品は単に便利なシステムが着いているというだけではなく、愛猫の病気を早い段階で見つけて早期治療もしくは予防するために役立つものでもあります。
いつまでも元気でいてくれるようにと願う飼い主にとっては、とてもうれしい商品と言えるでしょう。