1. >
  2. >
  3. 猫の食事方法

猫の食事方法

今までの猫の食事

猫は私達のもっとも身近なペットで、長く一緒に生活をしてきました。
そして、キャットフードがなかった頃の猫の食事は、残りご飯に鰹節やお味噌汁をかけたようなものが一般的で、今でも鰹節を乗せて食べるご飯を「猫まんま」などと呼んだりしています。
でも、この「猫まんま」は猫にとって必要な栄養素がしっかり入っているという食事ではありませんでした。
それでもなぜ大丈夫だったかということになりますが、今とは違い猫は自由に家の中と外を出入りしていたので、自分でネズミや小鳥、トカゲなどの小動物を獲って食べていたので、必要な栄養は補われていたと思われます。

キャットフード

現代の猫の食事では、市販のキャットフードを利用することが一般的です。
最近は完全室内飼いで飼われている猫が増えていますので、昔のようにネズミや小鳥を捕食するということは少なくなっていますので、食事の管理は飼い主がしっかりしてあげる必要があります。
キャットフードにはドライフード、ウェットフードがありますが、日頃はドライフードにしておいたほうが歯石がつきにくいですし、保存も利くので飼い主が留守にしている間に置いていくのにも便利です。
キャットフードは実に多くの種類がありますが、総合栄養食と書かれているものを選んでおくと、体に必要な栄養素をしっかり摂っていくことができます。
キャットフードも年代別に違うものを用意してあげましょう。
子猫のときは成長期ですので、栄養素がたっぷり含まれた子猫用のフードが必要ですし、成長したら、子猫用ではカロリーが高すぎる傾向にありますので大人用のフードに切り替えていきます。

高齢期になると猫は腎臓などさまざまな臓器に負担がかかってきますから、より負担のかからない高齢猫用のフードに切り替えていきましょう。
最近の猫は運動不足になっていますし、避妊や去勢手術をすることで太りやすくなっていますので、カロリーを獲りすぎて肥満しないよう気をつけてあげる必要もあります。
さらに何かの疾患のある猫たちも食事に気を使う必要がありますが、病気に対応しているフードもたくさん出ており、結石予防のフード、腎不全に対応したもの、肥満を予防するもの、毛玉の排出を促進してくれるタイプなど様々ありますので、症状にあわせたものを選んであげましょう。
時には手作りで食事を用意してあげるのも良いですが、猫には食べていけない食材というのもあるので十分気をつけたいですし、人間用の食事は味が濃すぎるので与えないよう気をつけましょう。

猫は肉食

たまに野菜をかじるベジタリアンの猫も見かけますが、基本的には肉食となっています。
そのため与えすぎは禁物で、適切なえさを適切な回数与えることによって、猫が健康で長生きできやすい食生活となります。
猫の食事は、朝と夜の一日二回でよく、適切な量は体重によって異なっているのです。
そして食べるものですが、猫には塩分の濃いもの、糖分の濃いもの、さらに香辛料は全く必要ありません。
過剰に摂取してしまうことによって、腎臓などの臓器に大きな影響を及ぼすからなのです。
健康でいてほしいと思うなら、必ず気をつけておきましょう。
また、飼っている猫がいくら野菜好きのベジタリアン猫だとしても、ご飯などの炭水化物、野菜だけをあげるのでは、栄養失調になって倒れてしまう可能性があるため、その量に関しては適切に調整しておくことが大切です。
さらに、たまねぎやいか、鳥や魚の骨などは、猫に悪影響を与えてしまうので、決して与えないでください。
また、生の豚肉や生卵なども避け、加熱したものだけを猫にあげましょう。
貝や、パンやアルコール飲料なども猫のえさとして適していないので、与えない方がいいのです。

猫用のごはん

基本的な食事として、猫用のごはんとして販売されている乾燥しているドライフードをはじめとして、猫専用の栄養素が入っているウェットフード、おやつなどがあります。
こういった商品はとても使い勝手がいいのですが、適切に与えていくためには、これらを組み合わせて食事に出すといいでしょう。
そうすれば、猫も食事を楽しみながら、より健康面で充実させることができるのです。
また、自分で猫のための肉などを使った食事を作っている人の場合には、そのやり方には気をつける必要があります。
作り過ぎないように量に気をつけ、材料を正しく使って、ごはんをつくりましょう。

また、猫の健康のために、あるいはダイエットのために食事を工夫して作っている人もいるでしょう。
その際にサプリメントなどを使用して栄養バランスを整えた食事を作る人もいますが、これも正しい知識がなければ非常に危険です。
毛の艶をよくしたり、猫の病気や年齢などの状態に合わせたごはんは、市販のものを食べさせるのが無難でしょう。
さらにここで気をつけておきたいのは、小さい赤ちゃん猫のえさと、年寄り猫のえさの種類は必ず変えておくことです。
というのも、年齢によって必要とする栄養素が異なるのは、どの動物も一緒とだからです。
サプリメントなども猫用で年齢とともに必要とされる配合が異なります。
上手く取り入れて、猫を健康に保ってあげましょう。