1. >
  2. >
  3. 猫の秘密がわかる!?「ネコヅメのよる」

猫の秘密がわかる!?「ネコヅメのよる」

引用元:ネコヅメのよる | 町田 尚子 |本 | 通販 | Amazon
https://www.amazon.co.jp/ネコヅメのよる-町田-尚子/dp/4872909437

猫の気持ちを理解できる絵本

猫をメインテーマにした絵本はたくさんありますが、その中でも特に猫好きな人、猫を飼っている人からの共感度合いが高いのがこの「ネコヅメのよる」です。
「ネコヅメのよる」はWAVE出版から出されている絵本で、町田尚子によって作られています。

この町田尚子という作家は、とりわけ猫を題材とした絵本で有名で、猫好きで絵本を読んでいる人であれば、必ず一冊くらいは読んだことがあると言えるほど有名な作家です。

この「ネコヅメのよる」は、猫のお話でも、特に猫の習性というかいつもやっていることを、猫の気持ちになって描いている絵本です。
どうして猫はいつもこんなことをしているんだろう?猫のこんな行動はここから来ているのか?という謎が解けて、読んでいて楽しい内容です。

こうしたことから、どちらかというと猫を実際に飼っている人向けの絵本とも言うことができて、より猫のことを知っているとさらに共感できて楽しい絵本と言えます。

知られざる猫の毎日をイメージできて楽しい

「ネコヅメのよる」では、いつもやっている猫の行動の謎を解くと共に、人間の目には見えていない猫の毎日についても描いています。
たとえば、夜人間が寝静まった時にこそっと外に出て、何をしているのか?猫たちが集まって何を一緒にしているのか?などを、面白く取り上げています。

もちろん、あくまで作者自身の観点というか予想によるものではあると思いますが、猫好きの人であれば、きっとそうだろう!と手を打って共感できる内容となっています。

また、タイトルにもなっているネコヅメとはどういうことかが分かるお話で、最後まで絵本を読み進めるとスッキリとするのがいいところです。

表紙だけを見ると、なんとなく怖いお話かと思ってしまいますが、全くそのようなことはなく猫好きの心理を上手にとらえた興味深い話で落ち着きます。
話の展開が良い意味で若干読みづらく、最後まで読み切ってこういうことだったのか、と納得できる展開も人気の理由となっています。

猫たちの表情が実によく表現されていて素晴らしい

物語の流れも非常に素晴らしいのですが、絵も実にレベルの高いものとなっています。
細かいところまでしっかりと描き込んであって、じっくりと見たくなる絵ばかりです。

なによりも絵本の中に登場する猫たちの表情の描き方が素晴らしく、ちょっとした顔の向きや目の感じ、手の出し方などが猫の様子をしっかりと捉えています。
絵だけ見ていっても見ごたえがある作品ですので、まだあまり文字についていけない子どもにも見せてもいいでしょう。

どちらかというと猫好きの人に向けた本ではありますが、絵の質ということを考えると、一度はみんなに見て欲しいと思う作品の一つです。