猫の種類

猫には40種を超える品種がいますが、中でも圧倒的に多いのが雑種です。
ちなみにウチの猫ちゃんも雑種です。

最近は外国種の猫も目立ってきましたが、日本にも日本猫と呼ばれる猫種がいます。
日本猫とは、短毛種であり、短尾であることが特徴です。
また、種類でいうと白猫、黒猫、サビ猫、三毛猫、ぶち猫、トラ猫などがいます。
日本猫は模様の出方が、世界的に珍しいとも言われているようですね。

ただ、日本で飼われてきた猫は今までネズミ捕りのために飼われていたようなものですから、
特別、血種は気にされてはいませんでした。基本的には雑種ですしね。
ペットとして飼われるようになってから、特徴的な外国猫や純血種が見られるようになりました。

猫の種類を大きく分けると、毛の長さ「短毛種・長毛種・無毛種」、
ボディタイプ「コビー・セミコビー・フォーリン・セミフォーリン・オリエンタル・ロング&サブステンシャル」
で分けられます。

毛の長さについては、「短毛種=毛が短い」「長毛種=毛が長い」というように、そのままの意味です。
ボディタイプについては以下のようになっています。

・コビー
胴が短く、肩や腰がしっかりしている。丸い頭部に短めの尻尾が特徴。
・セミコビー
ボディがコビーよりも少し長くなったのが特徴。
・オリエンタル
骨格が細い、スリムなのが特徴。
・フォーリン
骨格が細い、スリムなのが特徴。オリエンタルよりはがっちりしたタイプ。
・セミフォーリン
コビーとオリエンタルの中間のボディタイプなのが特徴。
・ロング&サブステンシャル
がっしりした大型なのが特徴。

自分の気に入った猫ちゃんを飼えばいいと思いますが、種別に性格が異なるとも言われています。
そのため、性格から自分の飼いやすい猫を選ぶというのもいいんじゃないでしょうか。
「ねこのきもちweb」から猫種図鑑を参考にしてみましたので、猫を買う時に参考にしてみてください。

■人なつっこい猫
1.バーミーズ
2.ボンベイ
3.シンガプーラ

■静かな猫
1.バーミーズ
2.シャルトリュー
3.スコティッシュフォールド・ロングヘア

■素直な猫
1.バーミーズ
2.サイベリアン
3.エキゾチックショートヘア

■抜け毛が少ない猫
1.シンガプーラ
2.ボンベイ
3.オリエンタルショートヘア

また、短毛種の猫は活発、長毛種の猫はおっとりしています。
見た目からもなんとなくそんな感じはしますよね。長毛種猫ちゃんはセレブの風格があります。
そのため、おとなしい猫が欲しいという方は「ペルシャ猫」なんかがおすすめです。

他にも「ロシアンブルー」はボイスレスキャットとも呼ばれるくらい、
なき声を上げることが少なく、おとなしい性質をしています。
「アビシニアン」はマンションキャットとアメリカで呼ばれているくらい飼いやすいと言われています。
もしくは、大人猫ならある程度、落ち着きが出ているので子猫よりも飼いやすいでしょう。

猫も個性があり、性格もその子によって変わります。手がかかるとちょっと困るけれど、
どんな猫ちゃんでも大事な家族になりますから「この子だ!」という猫ちゃんを見つけられれば、
それが一番いいと思います。