ペット保険を比較して決めたのが「PS保険」

今ではペット保険もたくさんあるため、加入しようにもどこのペット保険がいいのか迷うところです。
いくつか候補を挙げてから比較しようと思い、比較サイトなどで、
よくペット保険の比較候補に挙がる保険会社から探してみました。

【損害保険会社】
・ア二コム損害保険「どうぶつ健保ふぁみりぃ」
・アイペット「うちの子」
・アクサダイレクト「ペット保険」

【少額短期保険会社】
・ペットメディカルサポート「PS保険」
・ペット&ファミリー「げんきナンバーわん」
・日本アニマル倶楽部「Theペット保険 PRISM」
・ペッツベスト「ペット医療保険・傷害保険」
・もっとぎゅっと少額短期保険株式会社「もっとぎゅっと新ペット保険」
※少額短期保険会社とは、「少額(原則1000万円)」「短期(損害保険商品は2年まで)」での
保険契約となっています。ペットにかかる治療費、寿命から長期的にカバーする必要が
ないということで、加入者のニーズに対応したオリジナルな保険を提供する保険会社が
少額短期保険会社です。

損害保険会社は、万が一経営破綻しても保険金、
返還金等は原則80%(アニコム損保の場合)が保障されるので安心です。
この中から総合的に見て私が決めたのは「PS保険」です。
ペット保険に興味がない方はご存じない保険会社かもしれませんが、
どのペット保険比較情報にも名を連ねてくる有名なペット保険会社です。
口コミを見ると、とにかく「保険料が安い」とのことでした。
そのほか、会社の信頼性、保障内容を総合的に見てもかなりお得でしたよ。

なんといってもPS保険が謳っている特徴が、「保険料の安さ」「広範囲の補償」「充実の特約」
「選べる補償プラン」ですから、確かに保険料が安い上に使いやすいというのはありますね。
保険期間内の怪我や病気であれば軽度な病気から、
重度な病気にまで補償対象となるとのことで、加入しておけば安心感はあります。
また、50%・70%・100%の補償プランから選べるのも、加入者のニーズを理解してくれています。
特約として、保険に自動セットになる「ペット用の車イス費用」、
任意選択できる「火葬費用」も付いています。

しかも、他のペット保険には加入してから約1ヶ月は保険が補償されないという
「待機期間」というものがついていますが、PS保険には待機期間がありません。
ざっと見ただけでも、保険料に対してこれだけの補償内容がついてくるなら十分に感じます。
ただし、新規加入年齢が生後120日以上9歳未満とのことです。老猫ちゃんは加入できないので、
検討している方は猫ちゃんの年齢が上がってしまう前に決めた方が良さそうです。
ちなみに、加入年齢制限の歳までに加入すれば満18歳までは継続契約ができます。
PS保険は初めてのペット保険加入にオススメですが、
猫ちゃんに合わせて保険を選んでみてくださいね。
そのほか、規定など詳しい概要はPS保険のホームページや
資料請求をして確かめてみてください。