猫の健康と片付けの楽チンさで選ぶ猫砂

トイレ容器に敷く砂には、紙素材、おから・木素材、鉱物系素材、
シリカルゲル素材などたくさんの種類があります。
それぞれにメリット・デメリットがあるので、どれがいいとは一概には言えません。
猫の好み、飼い主さんの片付けのしやすさ、コスパを総合的に見て選択しましょう。
それぞれの特徴をまとめてみましたので、参考にしてみてください。
(使ったことがないタイプは独自で特徴を調べてみました)

【紙素材】
メリット・・・再生パルプ使用で、軽いので持ち運びは楽です。
トイレに流せるタイプのものも多いのでゴミを出したくない人にはオススメです。
デメリット・・・紙なので、猫が排泄物に砂をかける時に埃が立ちやすいかもしれません。
塗れるとトイレ容器にも張り付いてベタつくし、肉球にも結構挟まります。
*オススメ*「脱臭ペーパーフレッシュ」「バイオ消臭」「お花畑 ペーパーサンド」

【おから・木素材】
メリット・・・天然成分を使用しているということで、猫が誤食した際も安全です。
自然の臭いで猫も馴染みやすく、消臭効果・吸収性に優れています。
デメリット・・・おからは夏場にきちんと片づけしないとゴキブリを招くことがあるとのこと。
木素材は砂が崩れて粉末になりやすく、タイプによって排泄物の絡み具合がまちまちです。
*オススメ*「お茶の猫砂」「炭の猫砂」「ウッディフレッシュ」

【鉱物系】
メリット・・・本物の砂に似た質感なので、猫が好みやすいタイプです。
消臭効果が高く、排泄物にも絡みやすいので片付けも楽です。
デメリット・・・重く、持ち運びが大変です。可燃ごみとして出せないものもあるので
捨てるのに困ることもあります。さらに目に入る危険性があり、
喘息悪化などの報告もあるため飼い主さんの体調に影響が出る可能性の物もあります。

【シリカゲル素材】
メリット・・・脱臭効果が強力で、埃もたちません。
処理や砂の継ぎ足しの必要がないので手入れが楽です。
デメリット・・・基本的に可燃ごみとして出せなく、猫が誤食したときは危険な素材なのだとか。
このように猫砂の素材は色々ですが、砂タイプは主に「固まるタイプ」「固まらないタイプ」があり、
変わったタイプですと「濡れて崩れるタイプ」などがあります。
みんな、何を基準に選んでいるのかな〜というと、
「使い勝手の良さ」「消臭効果」「猫が好んで使ってくれる」ものを選んでいるみたいです。
こればかりは色々試してみないと分らないですね。
トイレ容器のタイプによっても使う猫砂が変わるので、
トイレ容器とも合わせて検討する必要があります。
参考までに・・・
猫の健康を管理するために、砂の使いやすさや脱臭効果だけを重視するんじゃなく、
排泄回数が把握できる(固まるタイプ・色が変わるタイプなど)猫砂がいいと思います。
また、猫ちゃんの排泄はマーキングの意味もあるので、
飼っている猫の数に応じた猫トイレを用意しましょう。
そして、こまめに掃除してあげてくださいね。猫は汚い場所では排泄したがらないので、
トイレ掃除を怠ると粗相してしまうこともあるので注意です。