いつでも清潔に使いたい猫トイレ

猫を飼い始めたら必ず用意しないといけないのが猫用のトイレです。
室内猫には必須アイテムですが、外出猫で外で排泄させている猫ちゃんにも
一応用意しておきましょう。

外に出せない時や、具合が悪いときなどは外に出ることも少ないので、
準備しておくことは大切ですからね!
トイレのしつけ方もありますので気を付けて下さいね。

トイレ容器のスタンダードな形状では「箱型」「すのこ型」があります。

【箱型トイレ】
特別な仕様がないシンプルな箱型です。
ほぼ全ての砂タイプに適します。

【すのこ型トイレ】
すのこ付きの2重構造になっています。
シリカルゲル砂、固まらないタイプの大粒の砂に適します。猫砂+ペットシートを併用。
このスタンダードな2タイプの形状を基準として、砂かけの時に飛び散る砂を抑える
「フードカバー付き」のものや、肉球にはさまった砂を落とす「砂落としマット付き」のものがあります。
排泄を外でさせている猫ちゃんならカバーなしのスタンダードな形でも構いませんが、
いつも猫用トイレで排泄する室内猫ちゃんにはカバーなしタイプは向きません。
というのも猫は排泄した後、排泄物に砂をかけて埋めるという習性を持っています。
これを猫トイレでされると部屋に砂が飛び散るし、埃が立ちます。
そこで室内猫ちゃんにオススメなのは「フードカバー付き」のものです。
カバータイプは大きく分けると、「フルカバー」「ハーフカバー」の2種類があります。

【フルカバー(ドーム型)】
トイレ全体をカバーで覆っています。
扉が付いてなく入り口だけがオープンになっているものと、扉付きのものがあります。

【ハーフカバー】
フルカバーの半分くらいのカバーが付いています。
フルカバーはトイレに蓋をしてしまう形状なので、猫砂が飛び散るのを防げて、
脱臭・消臭効果に優れています。ただ、綺麗好きな猫ちゃんのためにも
排泄物はこまめに片付けてあげることが必要ですので、
フルカバーは掃除にちょっと手間だという人はハーフカバーがオススメです。
また、砂落としマットがあれば、部屋に猫ちゃんの肉球から落ちた砂が散らかりません。
*オススメ* フード付きのスタンダード型猫トイレなら、アイリスオーヤマの商品が人気です。
・スタンダードな「ハーフカバー」
・砂落としマット付き「散らかりにくいネコトイレ」
・買い置きの砂をタンクに保存できる「猫砂ストックトイレ」などは使い勝手も良さそう。
以上がベーシックな猫トイレですが、他には使用する猫砂が限定される「システム型トイレ」があります。

【システム型トイレ】
2重構造になっており、水分を吸収すると猫砂を通過して下のトレーに落ちるタイプです。
専用猫砂+ペットシートを併用します。
*オススメ*
・「アイリスオーヤマ 楽ちん猫トイレ」・「1週間取り替えいらずネコトイレ」
・「ユニチャーム デオトイレ」
・「花王 ニャンとも清潔トイレ」

特にニャンとも清潔トイレは、システムトイレの先駆けで、スタイリッシュなデザインが
部屋にも合いやすいので人気です。
消臭効果を期待したいのなら、すのこ型・フードカバー付き・システムトイレがオススメです。
特にシステムトイレは消臭シートを併用することで臭わないと評判なので、
室内猫ちゃんならシステムトイレがいいんじゃないでしょうか。