猫ちゃんの健康を守ってくれるフード

猫ちゃんの食事での健康面は気になりますよね。
猫の主食というとキャットフードですが、これはドライフードとウェットフードがあります。
多くの飼い主さんはドライタイプのキャットフォードを与えていると思いますが、猫ちゃん的には
どちらが好きなんでしょうか。与えてみると分りますが、ウェットタイプの方が喜んで食べませんか?
ウェットフードは缶詰やレトルトです。肉や魚のたんぱく質を含んでいるので、
消化しやすく、水分を多く含んでいることから水分不足になる心配も少ないと言われています。
ただ、ドライタイプに比べて価格が高いのが飼い主さんにとっては痛いところかも・・・。
また、猫ちゃんはウェットタイプを好みますが、
メーカーにより栄養面での偏り大きかったり歯石がつきやすいのも特徴です。

対してドライタイプは、保存性がよく、ウェットタイプに比べて価格は安くすみます。
ドライフードは総合栄養食なので、猫ちゃんの主食ですね。
ドライフードなら歯石予防にもなりますが、水分補給はしっかりする必要があります。
ウェットタイプは「一般食」(おかずタイプ)のものが多いので、
ドライフードを主体にして栄養を摂ってあげた方がいいと思います。
人気のキャットフードで言うと、「ロイヤルカナン」「サイエンス・ダイエット」
「プリスクリプション」などですかね〜。
猫ちゃんのライフステージ(年齢・毛玉サポート・お口の健康など)に合った
キャットフードを選んでみてください。

ウチの子にはサイエンスダイエットを与えていましたが、
飽きたのか、食べなくなってきたので他のフードを検討中です。
でも、キャットフードについて色々調べてみると、ペットフード潜む危険というものがあったんです!
なんと、人間の食品偽造と同じようなことがキャットフードにもありました。
その一つとして、無添加を謳っているメーカーのキャットフードも検査してみたら、
完全な無添加ではなかったという実態があります。最悪なニュースでは、
ペットフードが原因でたくさんのペットが亡くなってしまった外国の事例もあります。

他にもペットフードには危険な原料が含まれているのがたくさんあるとのこと。
というのも大体からして、ペットフードには使用材料の規制がないんです。
たとえばペットフードに含まれている「4Dミート」というのは、
負傷や病気をした動物、または死肉など動物の廃棄肉です。
「肉副産物」「鶏副産物」とは、糞尿・腫瘍・羽根・くちばし・内臓など
人間の食用にならなかった部位を占めます。

また、ペットフードの「動物性脂肪」の多くは、死亡した家畜を高温過熱して溶かすことで
抽出したオイルとのこと。さらにその中には飲食店から出た生ゴミや廃油、
人間の食材に向かないため廃棄することになった原料等が含まれるなど・・・。
内臓はともかく、これらは、食用としてはどう考えても不向きですよね。
じゃあ、何を基準に選べばいいの?という問題ですが、
これは難しいので飼い主さんにお任せするほかありません。
「自然保存料」を使用しているものを選んでも、
検査してみたら合成保存料が検出されたなんてこともありますし・・・。
安さで選ばず、メーカーを信じるしかないというのが結論になってしまいます。
でも、猫ちゃんは自分で食べるものを選べません。
飼い主さんが原料、配合成分をきちんとチェックして購入してあげましょう。