一般に猫の食事で気をつけることは何か?

猫はかわいい生き物です。
一般には「ぬこ」という愛称で呼ばれているようで、その愛くるしさは古代エジプト時代もそうですし、現在でも愛されています。
どのくらい愛されているかといいますと、まずカレンダーやCMのキャラクターは勿論のこと、動画サイトには数百万のアクセスがあったりします。
内容を見ていますと単にじゃれあったり、食事を食べているだけのたわいない内容で、それだけでも心を癒してくれるからなんだと思うのです。
またアニメでも活躍していて、ねずみとのバトルなどではアメリカ産をはじめ、日本産のアニメにおいても幅広い活躍をしているのも特筆すべきかもしれません。
私が思うに魅力はパッチリしたおめめと綺麗な毛皮と、かわいらしい泣き声、予測不能な行動と犬とは違った魅力があって、その数は膨大だと思うのです。
さてそんな魅力的な猫ですが、実際には育てるのは大変だといわれています。
それは生活もそうですが、食べ物も結構気を使わないといけないからです。
そこで今回は気をつけることを中心に考えていきたいと思います。
猫は年齢や状態によって必要な栄養素が異なるようですが、注意しないといけないのは適正量を超えてしまうと、体に脂肪が蓄積しやすくなって体に悪影響があるようです。
これは人間よりも影響が大きいので注意が必要なのです。
それではどうすればいいかというと、消化をスムーズに行うことが重要で食事の回数を数回増やすことが肝心でしょう。
勿論総合的な量はそのままにしまして宋すれことによって、健全なカロリー消化が可能なのです。
空腹の時間も減るので無駄に食べることが少なくなるのです。
それと同時に新鮮なお水をあげることも大切で、下痢などの症状を起こさなくなります。
さて、それではNGな食べ物はないのでしょうか。
犬の場合ですと、ねぎ系はアウトで、しかもチョコレートなんかは人間で言うところの青酸カリに該当するらしいので、ドッグフードがいいといわれているのですが、猫の場合も気になります。
実は、猫も似たようなもので、まず人間の食べ物は与えないほうがいいといわれています。
なぜかといいますと、ああいった食べ物は実はかなり味を濃く作っているので、匂いなどが敏感な生き物には耐えられないからです。
また、イカを与えるのもNGです。
これは流産するからなんていわれていますが、それだけなく消化不良を起こしやすくなって、他の部位に悪影響を与えます。
またキャットフードも栄養素は確認することが重要で、中には単なるおやつということがあるからです。
このように食事に注意しないといけないことは多々あるのです。
一番大切なことは、あなたがしっかり本を読んだり、獣医さんなどと相談の上で、献立や商品を買っていくことなんだと思います。
やはり、愛するペットのことを思うならば、しっかりとやっていきたいものですよね。
一緒にがんばっていこうではありませんか。