ソッキントン

twitterで有名になった猫

ソッキントンはtwitterで100万人を超えるフォロワーを持つ、猫としてはとても珍しい人気のある猫です。
元はボストンの地下鉄で野良猫として生活をしていたところを、スコットと言う人に拾われて、一緒に暮らすようになりました。

ソッキントンがtwitterでアカウントを作ったのが2007年頃であり、
つぶやきはお気楽な言葉であるのが徐々に人気となり、2009年にはおすすめアカウントとして紹介されます。
そして紹介されるとさらにフォロワーが増えて、2013年には130万人ものフォロワーになります。

ただの猫がtwitterを使ってつぶやいていると言うのが人々に受けたのか、
そのフォロワー数は増え続けおり、ソッキントンのファンは広がっています。
また世界のメディアでも紹介されることもあるので、そのようなことでもさらにフォロワーを増やしています。
そのフォロファー増加の勢いは毎日千人以上という数であり、勢いは止りません。

twitterで話す猫

何故ソッキントンがここまで人気が出ているのか、
それはまるでソッキントン本人がtwitterを行っているような演出であり、twitterではとても幼い言葉を使ってつぶやきます。
それがまた猫が話しているような演出となっており、多くの方を魅了しているようです。
つぶやきの内容は、食べ物を欲しがったり、自分の住んでいるハウスのことを気にしたりと、とても身近で親しみやすい内容です。

そしてソッキントンのtwitterにアクセスする人は、この猫が何をするかとても興味深く、そのようなことから多くのフォロワーを獲得しているようです。
twitterという気軽にアクセスできるツールも、ソッキントンの人気を上げる一躍を担っているでしょう。

もしかしたら猫を飼えないような人が、ソッキントンと話をして猫を飼っているような気分に浸っているのかもしれません。
ただし実際にtwitterを操作しているのは飼い主のスコット氏であり、
間違いなくこの人は大成功している一例ではありますが、それが良いのか悪いのかは賛否両論あるようです。
スコット氏はこのソッキントンの大成功を受けて、さらに他の動物のアカウントもtwitterに作る計画をしているようです。
現在のところはオウムと馬のアカウントを作る計画があるらしいです。

さていかがだったでしょうか?
猫がtwitterを使っているような演出は大変面白いもので、猫のコミュニティが出来るのはすこし奇妙でしょう。
もしかしたら他の人も真似て動物のアカウントを作ったりする人が出てくるかもしれません。
そして日本でも誰かがもしかしたら始めるような人もいるかもしれません。