100万回生きたねこ

この本は絵本であり、タイトルからもわかるように100万回生きた猫の物語です。

決して絵本としては可愛くない容姿の猫が主人公であり、絵本のメルヘンチックなイメージとも話の内容とも全く違う現実的なお話です。

一匹の猫が色々な飼い主の元で飼われて死んでは生まれ変わり、そして最後には家庭を持って完全に死んでしまうと言う物語なのです。

作者が明確なメッセージを発信していないので、この絵本を読むと十人十色の色々な感想が出てくると思います。

様々な飼い主に飼われる猫

初めの頃の物語は一匹の猫が様々な飼い主に飼われては死んでいくという話です。

最初の飼い主は大様であり、船乗りや手品使いや小さな女の子と、飼い主に飼われて死ぬと生まれ変わり別の飼い主に飼われるということを繰り返します。

色々な飼い主に飼われるのですが、共通することは主人公の猫が飼い主を嫌いだということです。まるで人生を達観しているような、クールな表情で過ごす猫は、こうして100万回生まれ変わり、様々な人の元で飼われました。

しかし、ある時主人公のこの猫は飼い猫ではなく、誰の猫でもなく自分で生き方を決められるようになります。

この時から少しずつ主人公猫の様子が変わっていくのです。

白い猫に恋をする

人生を達観して、冷静沈着な主人公猫は、クールでメス猫にもモテまくる。しかし言い寄ってくる猫をことごとくあしらい相手にしないのです。

まるで100万回も生きているんだ、今更恋人なんて必要ないという風に。

しかしそんな主人公猫に一匹だけ見向きもしない白いメス猫がいました。

主人公猫は何とかこの白猫に気に入ってもらおうと、猛アタックしてアプローチします。そしてプロポーズをするのです。

プロポーズの甲斐あって、白猫と結ばれる主人公猫。

やがて白猫は沢山の子猫を産んで、クールな主人公猫は子猫と白猫を自分よりも好きになっていきます。

子猫はやがて成長し、親離れしてどこかへ行くと、白猫と二人だけで過ごす主人公猫でしたが、やがて白猫も死んでしまいます。

100万回生きて人間を好きにならず、自分中心だった主人公猫は初めて泣くのです。そして主人公猫も白猫のそばで死んでしまいます。

物語はここで終了します。壮大な話の割には、いやにあっけない幕引きです。自由気ままに生きた猫は、やがて心から好きになれる猫を見つけ、感情を持ったことで最後には生まれ変わらずに完全な死を迎えます。

この物語は明確なメッセージは発信されていませんが、様々な解釈の仕方があると思います。人間と猫の対比、白猫との出会いで心が変わる主人公猫、そしてシンプルにこの猫の生き方に何かを感じるのも良いのかもしれません。

子供でも大人でも読める絵本となっています。