撮る猫(猫写真専用カメラ)

・猫専用のユニークなカメラアプリ

「撮る猫」は、猫を撮影するためだけに作られた猫専用のカメラアプリです。
iTunesのみダウンロードできるので、iPhoneを使用している人のみ利用できるということになります。

猫専用というと、どんな仕組みなのか気になりますよね。
撮る猫にはいろいろな機能がついていますが、代表的な機能のひとつは「猫の鳴き声が出る」というものです。
撮りたい猫に出会ったら、すかさずアプリを起動します。
起動すると、なんと猫の鳴き声が出てきて、猫の注意をひきつけてくれるのです。

犬は比較的人間の言葉に反応しやすいですが、マイペースな猫ちゃんは呼んでもなかなかこちらを向いてくれないことが多いですよね。
猫の鳴き声がすると、ついこちらに反応してしまうので、そのタイミングでバッチリ撮影できてしまいます。

さらに「撮る猫」は、シャッターボタンをタップする直前から、しばらくシャッターを押し続けてくれるので、撮影された数枚の中から自分の気に入った画像をチョイスできるというのも特筆すべき機能のひとつです。
自分で何度もシャッターを押す必要がないので手軽ですし、シャッターチャンスをより逃さないように工夫されています。

また、撮影後にズームすることができるという機能も魅力です。
撮影前にズームをすると、動くものを相手にする場合適切な調節ができないことが多いですが、「撮る猫」では撮影された画像からズームをして保存できるので、自分の気に入った「寄り」で猫の画像を手に入れることができます。

・使用においてのポイントと注意点

撮影に関しては、連続シャッター機能でベストな写真を撮ってくれるのでさほど心配する点はありません。
猫はちょっと眠そうな顔をしたり、目を細めてしまうことも多いですが、かわいらしく目を開いているシーンも高い確率で撮影できます。

気をつけたいのが、猫の鳴き声の音量調節です。
マナーモードにしていると当然鳴き声は出ないので、必ず解除しておく必要があることと、音量も小さすぎたり大きすぎたりすると、ベストな撮影が難しくなります。

音が小さいと猫が気づかないので、鳴き声の機能を発揮できませんし、大きすぎると猫がびっくりしてその場から去ってしまうことがあるようですので、何度か撮影を試してベストの音量を見つけてください。

ちなみに、iPhoneの音量を真ん中あたりに設定すると、意外と音は小さく発するようです。
しっかり猫に届くようにするには、半分以上、MAXより少し低めにしてみるとよいと思います。

「撮る猫」は、自宅で飼っている猫はもちろん、街で出会った猫の撮影にも適していますので、ぜひいろいろな猫ちゃんを撮影して、コレクションに役立ててくださいね。